Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

paramiko インストール

■PythonでSSH
Windowsでparamikoを使う。
以下インストール手順。

paramiko
http://www.lag.net/paramiko/
ここからとりあえず、zipファイルを落として適当なとこに解凍。

さっそくインストールしたいとこだけど、
使うにはコイツ pycriprt も必要。入れないで使ったらエラーがでたよ・・・。
http://www.voidspace.org.uk/python/modules.shtml#pycrypto
ここにexeが置いてあるので、Pythonのバージョン合った物を落としてポチってけばおk。

■paramikoのインストールも簡単。
1. cdコマンドで、解凍したフォルダに移動。
2.  python setup.py build
3.  python setup.py install

これで完了。setuptoolsを使えば、こんなことをするまでもないみたいだが。

■実際に使用してみる

以下のエントリを参考にして、試してみれば、問題なくできるはず。
Python で SSH は paramiko + ssh で楽勝
http://plaza.rakutenco.jp/kugutsushi/diary/200806190001/

ssh.pyは以下のパスに配置すれば良し。
\Python26\Lib\site-packages

そして、以下のようなコードを書いて、完了。

import ssh

print "SSH  START"

ipadr = raw_input('IP Address:')
usernm = raw_input('user name:')
passwd = raw_input('password:')

s = ssh.Connection(ipadr,
                   username=usernm,
                   password=passwd)
s.execute('ls  > lsfile')
s.close()

put ・・・ ファイルを送信
get ・・・ ファイルを受信
execute ・・・ コマンドを実行

上記のコードは、Linuxサーバに接続して、コマンドを実行しているだけ。
簡単。簡単。

#Windows Live Writer 便利だなぁ

[Python]引数を取得する

■Python
引数を取得する

---------------------------------

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

if len(sys.argv) != 2:
print u'引数は2つ指定してください'
quit()

print sys.argv
print sys.argv[1]

---------------------------------

quit()はプログラムの終了をする。
引数が2つじゃなかったら、終了する。

と・・・コードを書くのは、簡単だけど
Eclipseで引数渡してデバッグするなら、少し設定が必要。


■Eclipseで引数を渡す方法
http://www.csg.is.titech.ac.jp/~kourai/lecture/eclipse/args.html

記載されているのはJavaだけど、ほぼ一緒。
最初の手順の「Run....」を選択のとこが「Run Configuretions...」が違うくらい。

これで引数渡して実行できる訳だけど、Eclipseでもっと手軽に引数渡して、デバッグできないものか・・・。
探せばあるんかな。

[Python]ファイルの存在確認

■Python
ファイルの存在確認を行う。

以下のライブラリを使用する。

exists(path)
http://www.python.jp/doc/2.4/lib/module-os.path.html

---[使用例]-----------------------

import os

filepass = ('C:/pythontest.txt')
print os.path.exists(filepass)

----------------------------------
>Ture

存在しない場合は"false"と出力される。


活用例としては、こんな感じか。


---[活用例]-----------------------

# -*- coding: utf-8 -*-
import os

filepass = ('C:/pythontest.txt')
print os.path.exists(filepass)

if(os.path.exists(filepass)):
print u'ゴンザギギラグ'
else:
print u'ゴンザギギラゲン'

----------------------------------

# -*- coding: utf-8 -*-
で日本語使えるようにして・・・

ファイルが存在したら"ゴンザギギラグ"と表示。
存在しない場合は、"ゴンザギギラゲン"と表示。

printで表示してる文に関しては、ここを参照。

このネタだけをやりたいがために、こんな簡単な活用例を書いた。


[Python]ファイルの更新時間を取得

■Python
ファイルの更新時間を取得。

以下のライブラリを使用する。
http://www.python.jp/doc/2.4/lib/module-stat.html


---[使用例]-----------------------

import os
from stat import *

timeget = os.stat("C:\pythontest.txt")
print timeget[ST_MTIME]

----------------------------------

これで最終更新時間が取得されるが、表示される形式は以下のようになる。
>1264323806
エポックタイムというらしい。

これだと分かりにくいので、表示形式を変更する。
timeライブラリを追加する。
http://www.python.jp/doc/2.5/lib/module-time.html

---[使用例]-----------------------

import os
import time
from stat import *

timeget = os.stat("C:\pythontest.txt")
time_ctime = time.ctime(timeget[ST_MTIME])

output_fmt = '%Y/%m/%d %H:%M:%S'
time_fmt = time.strftime(output_fmt,time.localtime(timeget[ST_MTIME]))

print time_ctime
print time_fmt

----------------------------------

以下の出力形式になる
>Sun Jan 24 18:03:26 2010
>2010/01/24 18:03:26

wxpythonインストール

wxpython
本家:http://www.wxpython.org/

pythonでGUIやってみたいなと思って調べてみたら、wxpythonの情報が多かったので
さっそくWindows版を試してみた。

その仮定で良質(そうな)サイト発見。

wxPython Index
http://harukaze.net/~haruka/wxpython/
ここを参照すれば、基本的なことはできそうだ。


インストールは簡単。

本家サイトのカテゴリDownLoadの"Prerequisites"からPythonのバージョンに合わせたインストーラを取得
#Python2.6のverwin32-unicodeを落としました。
wx_download

セットアップは、全てデフォルトでおk。

  ・
  ・
  ・
  ・

さっそく上記サイトを参照して(コピペして)書いてみる。

--------------------------------------
import wx

class MyApp(wx.App):
def Oninit(self):
Frm = wx.Frame(None,-1,"test")
Frm.Show()
Btn = wx.Button(Frm,-1,"push")
return 1

app = MyApp()
app.MainLoop()
--------------------------------------

しかし・・・動かない。

( ・3・)アルェー
さっそくつまづいた?

よくよく見てみると、関数"Oninit"を呼んでないような・・・
こうすればよいのでのは。

--------------------------------------
import wx

class MyApp(wx.App):
def Oninit(self):
Frm = wx.Frame(None,-1,"test")
Frm.Show()
Btn = wx.Button(Frm,-1,"push")
return 1

app = MyApp()
app.Oninit()
app.MainLoop()
--------------------------------------

こうしたら動きました。
ろくに考えないで、コピペするから・・・。

#追記記事書きました。
中途半端なコピペとタイプミスが原因だよ!

実行結果
wxtest

これでpythonでもGUIプログラミングできる環境が整いました。


■おまけ
wxpython使うときもEclipseでコード補完したい場合。
ちょっとした設定が必要です。

ネットで調べたら発見。

Eclipse(Pydev)でwxPythonのコード補完機能を使う【小ネタ】
http://d.hatena.ne.jp/lolloo-htn/20090725/1248525375

まんま上記記事に従って設定していけば、以下のように便利になります。
hokan


≪PREV
■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。