スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラフォーマーズの小説「月の記憶」と「スカベンジャーズ」を読んでみたが、悪くなかった。

テラフォーマーズの外伝小説を読んでみたので感想を。

 

NAVERまとめで、テラフォーマーズに登場する生物について、まとめてたりするので、お布施と思って、外伝の「月の記憶」と「スカベンジャーズ」を買ってみました。漫画の小説って基本買わないし、あまり期待していなかったが、思ったより、悪くなかったという印象。

 

以下から2冊分一気に感想を書いてみる。



テラフォーマーズ LOST MISSION  I 月の記憶 (JUMP j BOOKS)テラフォーマーズ LOST MISSION  I 月の記憶 (JUMP j BOOKS) テラフォーマーズ LOST MISSION I 月の記憶 (JUMP j BOOKS)
貴家 悠,東山 彰良,橘 賢一
集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

まず「テラフォーマーズ LOST MISSION I 月の記憶」の感想。

 

時系列的には、小吉と一郎が脱出ポットで帰還した直後の頃。本編の方では描かれない問題山積みな地球で、ゲリラ組織に身を投じた少年兵たちの戦いが描かれる。その中で、本編で登場するマルコスの父親が登場したりする。

テラフォーマーズらしいバトルがあるけど、本編より作風が不気味で、ホラー小説っぽかったなぁ。

 

気になったのは、作中でじょうじが出没した理由かなぁ。ちょっと無理やりすぎんよと思った。テラフォーマーズと銘打ってるから、じょうじを出さないわけにはいかないんだろうけどさ。

 

あとなんというか、この1冊で良い感じに区切りがついているのだけど、ことごとく救いがねぇ!なんだこれ!

特に博士に関しては、自らが招いたこととはいえ、ホント悲哀を感じる。

そして、地球の散々な現状を考えると、AEウイルスがどうにかなっても、いずれしろ人類は滅ぶんじゃないですかね・・・。

 

syaaaa1755

この人がいたら、即アクシズ落としを敢行するくらい腐ってる。浄化が必要ですわ。

まぁ・・・そもそも火星にあぁなったのも、テラフォーマーが人類と戦うのも侵略者と戦っているだけで、元凶は地球の人間達にあるわけだが。

 

まさにビターエンドって感じで終わってしまった。多分、今回の主人公の続編はもうないんだろうな。

「LOST MISSION」シリーズは、1冊で完結して進むのかもしれない。

続編が出るとしたら、アレックスの父親編とかかな。

 

 

テラフォーマーズ THE OUTER MISSION I スカベンジャーズ (ダッシュエックス文庫) テラフォーマーズ THE OUTER MISSION I スカベンジャーズ (ダッシュエックス文庫)
貴家 悠,藤原 健市,橘 賢一

集英社
売り上げランキング : 21175

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

次に「テラフォーマーズ スカベンジャーズ」の感想。

 

こちらの外伝の舞台も地球で、時間軸は、アネックス1号が出発する数ヶ月前といったところ。

M.O.手術を受け、生き残ったもの定期的に服薬が必要な身体になって、火星行きメンバーからはずれた者たちの活躍を描く。内容としては、クローンTFの卵が何者かに持ち去られ、主人公たちが追跡をかけるといった感じ。

 

登場する主人公の能力ベースは、ドブネズミで、暴力系ヒロインはイエネコ。

どちらも哺乳類なので、戦闘向きではないが、この小説での、戦いぶりを読む限りは、たとえ戦闘向きじゃないベースでも、格闘技を習っていればそれなりに戦えるのね。

 

つまり、ドイツ班にいた猫耳人妻は、もっと鍛えていれば、アドルフさんを援護できたはず。

やっぱり、能力だけにかまけてちゃイカンわけですよ。

kuroko76823

多分、アネックス1号は時期を早めて出発することになったので、エンジニア勢の戦闘訓練の時間が足りなかった(という設定)なんだろう。

 

といっても、そもそも今作品で登場する養殖テラフォーマーは、弱体化されているから、この作品の主人公たちが火星に行って、天然テラフォーマーと戦ったら、瞬殺されてしまうのかもしれない。

 

この小説も全体的に戦闘シーンは、なかなか良かった。

ただ、シナリオが想定どおりに進んでいって、驚きがなかったかな。読みやすいともいえるけど。

こちらは一応、続編がありそうな雰囲気で終わったけど、主人公・ヒロインとも強さや能力の伸びしろはなさそうだし、2巻以降は展開に工夫を凝らしさないと、面白くならなそう。暴力系ヒロインがデレるとこまでは続いてほしいものだが。

 

・・・

 

まとめると、二冊ともテラフォーマーズが好きで、小説を読める人だったら、問題なくイケる程度のクオリティだったと思う。続編が出たら、両作品とも買ってみようかな。個人的には、ホラーな雰囲気があった「月の記憶」は、本編と違った魅力があったので、よりオススメ。

 

■関連

テラフォーマーズ11巻 感想|慶次が表紙!OVAがいまいちすぎる・・・。

第13話「TERRA FOR MARS 彼方と此方」俺達の戦いはこれからだ!

第12話「SHOOTING STAR 軌道と無軌道」小吉が無双するシーンはこの前にもあるんですよ!

第11話「BOXER ボクサー」慶次が格好いいんですが!

第10話「DESIRE 願い」アドルフ・サーガ完結!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。