スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラフォーマーズ10巻 慶次は大活躍してるんだから、そろそろ表紙にしてあげようよ。

テラフォーマーズ10巻。OVA同封版を買いました。

 

テラフォーマーズ 10 (ヤングジャンプコミックス) テラフォーマーズ 10 (ヤングジャンプコミックス)
橘 賢一,貴家 悠

集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

また、小町艦長が2回目の表紙を飾ったテラフォーマーズ10巻。

今巻、大活躍の慶次に譲ってあげればいいのに。この表紙は格好いいと思うけど。

ちなみにOVA付きの方を買いました。以下、それを含めた感想です。

 

 

▼ようやく合流したジョセフについて思うところ

 

やっとマーズランキング1位のジョセフが合流し、畜生爆に鉄槌をくだしてくれました。

 

しかし、人間の到達点として、優れた身体能力+チート能力を保有していることが解説されたものの、MO手術の能力は明かされず。今のところ、単一の能力じゃなく、複合能力的なものを持っているんじゃないかなぁと考えているんだけど、いまだヤンジャン本誌でも不明な状況だ。燈とジョセフ、どっちが先に隠された能力が明かされるかな。

 

VS畜生爆戦を読む前、なんというかジョセフは、もっと圧倒的なのかなぁと予想していた。

それだけに、畜生爆と何気に何合も切り結んで、正直・・・「あれ?苦戦してしまうの?」と少し残念な気持ちになった。

本気になったのが最後だけともとれるが、瞬殺を期待していたのは自分だけか。

 

ジョセフが特筆すべき能力は、継戦能力なのかもしれないから、これで良いのかも。

あんまり強すぎても、敵に回った場合、手がつけられなくなるし・・・。ジョセフはこのまま味方陣営にいてくれるのか、ワカランのようねぇ。なんとなく、ミッシェルに執着(?)しているだけに、ミッシェルの身命次第では・・・?と思う。

 

 

▼大活躍の慶次について思うところ

 

VSオニヤンマ型TF戦。たった一話で決着がついた一戦だけど、熱すぎた。

 

どちらも能力全開だー!といった風に描かれていて、どの絵面もカッコイイ。

オニヤンマ型TFは、作戦で詰めていくんじゃないかなぁと予想していたが、タイマンで勝利するとはね。いや、狭い地形を活かしているので、結果的に作戦勝ちかもしれないが。それでも慶次が強かった。

 

唯一の不満は、初お披露目の利き腕によるストレートパンチが、右腕ストレートより弱そうに見えたことくらい?

あんなバウンドするより、爆散すると思ったんだけどな。爆散したら即死で、先の展開に続かないから、突っ込んじゃいけないところなんだろうけど。

 

それにしても慶次は死亡フラグ臭が強すぎる。たとえ、このアネックス本艦戦を生存できても、火星を生きて帰れる気がしない。こんなに活躍しているにもかかわらず、表紙を飾れなかったし、いまだサブキャラ扱いなんだろうか。

良いキャラなだけにこの先が怖すぎる。くそ、表紙を飾れていれば生き残れる道があったはずなのにっ!

 

 

▼やはりマルコスが強くて格好良い

 

「火星(ここ)には何よりも屈服することを拒んだ奴らが闘争(たたかい)に来てんだよッ!!!」

「足りねぇな  『怒りを買い』『殺される』という『危機感』が」

--第96話  TO THE END 分裂の声

 

この台詞・・・なんなんだマルコスwww  格好よすぎるwwww

 

活躍しすぎてるから、そろそろやばそうだなと思うところがあるが、そんな不安を吹き飛ばす圧倒的な強さ。

再生怪人爆なんて、あっさり撲殺。ハンドガン程度の銃器も脅威じゃない。

こりゃ変態前の武器なしジョセフよりかは間違いなく、強いだろう。殲滅力はともかく、対人戦は強すぎる。

 

やっぱり、この強さを見てしまうと、戦闘のプロであるロシア班がちょっと情けないと感じますわ。

 

 

▼OVA バグズ2号 前編について

 

さて、OVA。作画は良いし、声優に棒読みもいない。某所でメタメタな評価をされていたが、個人的には及第点。

しかし、それ以上を望んでいたので、良くも悪くも印象に残らないアニメだったかなぁ。

 

なんといっても本編25分と短い。短いだけに端折られているところが多く、なんとも説明不足な内容に。

あんな座談会みたいな、インフォメーションなんか正直いらない。こんなん収録するなら、バグズ1号編を収録してほしいよ。あのエピソードは、短いから普通に収録できただろうに。

 

OVAの一番良い点は、ティンにカラー表紙を与えてあげたことか?(本編ですらない)

しょぼいことだけど、OVA表紙のムエタイバッタ戦士、カッコよすぎんよー。

 

あと、良かったのはナレーションの声の人かな。テラフォーマーズのナレーションの扱いが気になっていただけに、予想以上に違和感がしなかったので、そこで一定の評価をしている。後編で、聖書無双があるが、どんな感じになるのか楽しみだ。つまり、11巻もOVA同封版を購入する予定。

 

・・・

 

本編もそろそろ終盤戦の様相をしてきたテラフォーマーズ。

何人が、誰が火星から生存して地球に帰れるか、気になるところ。しかし、今の状況だと、ハッピーエンドが遠すぎて、普通にアネックス2号編とかがありそうに思えるんだが。どう風呂敷を畳んでいくんだろうか。

 

むしろ、この漫画にハッピーエンドなんてないかもしれんね(小声


■関連
【豆知識】テラフォーマーズに登場する生物まとめ【雑学】
テラフォーマーズがアニメ化!ナレーションの扱いが気になる。

テラフォーマーズ 9巻 マイマイカブリとパラポネラ戦。一気読みすると熱かった。
テラフォーマーズ 8巻 ロシア班は、登場時のインパクトの割には活躍がいまいちだった。

テラフォーマーズ 7巻 怒れるオオスズメバチ無双。スペシャルインタビューも良かった。
テラフォーマーズ 6巻 日米合同班合流。慶次の戦いが熱い。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。