Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダンまち外伝 ソード・オラトリア』 本編とは異なる魅力あり。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア』 読んだので、感想を

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)
大森藤ノ,はいむらきよたか,ヤスダスズヒト

SBクリエイティブ
売り上げランキング : 7601

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

「ダンまち」外伝のソード・オラトリア。

発売当時は、本編が全然進んでないのに外伝かよ!って思ってたけど、5巻が大満足な面白さだったので、買ってみた。以下、感想。

 

 

アイズを主人公とした外伝なんだけども、それに留まらず、ロキ・ファミリアを中心とした別視点といった感じで物語が展開される。オラリオで、暗躍している勢力が描かれていたり、アイズが強さを求める理由が描かれていたりと、その内本編にも影響を与えて、収束していくんだろうな。

 

1巻時点では、本編と時系列がほぼ同じで、かなりリンクしていた。だから、本編では分からなかったアイズの内心や思いが分かるってのが良いね。1巻では、さっそくベルとの最初の出会いと、酒場の件が描かれる。

これは本編が進んで、ベルとアイズが交流すればするほど、外伝のほうも楽しみになりそうだ。

 

あと外伝読んでて思ったが、アイズって無口で感情の揺れ幅は狭いんかなぁと思ったが、案外普通だった。

仲間と話して赤面したり、買い物にいったり、交流しとる。

そういうのが分かるのはアイズだけではなく、本編ではチラリとしか登場しないロキ・ファミリアの仲間達にもいえる。

いやー華やかなファミリアですな。

 

「ダンまち」の魅力であるバトル描写は、本編とは一線を画す、超級バトルになっている。

個人レベルも、パーティバトルも。ベル達とはレベルが違うのだから、当たり前だけど。

ベルは詠唱しないで、ポンポン魔法使うもんだから、外伝では「別の作者かな?」ってくらいに存分に詠唱が描かれているのが印象に残るw

 

世界観的には、本来はこっちが主流のはずなんだけど、ちょっと違和感がした。悪いっていってるわけじゃないよ!

 

あと、外伝の大きなアピールポイントは、「とある魔術の禁書目録」でイラストを担当している、はいむらきよたか氏の起用だろうなぁ。自分は禁書のほうは外伝を含めて読んでいないので、絵をじっくり見るのは初めてだが、カラーもモノクロも魅力的な絵を描いてくれてますわ。ファンタジーの世界観に実によく合う絵柄だ。人によっては、本編もはいむら氏でいいじゃん!って言いそう。自分は言わないよ!


でも、はいむら氏のエイナさんを見たいです(小声)

 

うん、本編とは違った魅力があって、買って良かった。本編共々、読んでいきたい。

この感想を書いている時点で、外伝2巻を読了しているのだけど、それはその内。

 

■関連

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4巻』まさに繋ぎの巻だった。短編にほっこり。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3巻』|ミノタウロスとの決死の再戦
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2巻』読んだので感想を

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。