Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『男なら一国一城の主を目指さなきゃね』緻密な設定の異世界転生もの。

小説を読もう 『男なら一国一城の主を目指さなきゃね』 の感想を書いてみる


【小説を読もう】
男なら一国一城の主を目指さなきゃね

列車事故で死亡した主人公が赤ん坊に転生し、小説タイトルの野望を胸に二度目の人生をおくる異世界転生モノ。

物語は基本、主人公視点で進み、異世界へ着実に踏み出していく話になっている。
第一章は幼少期から少年時代では、自己鍛錬と内政、家族との交流が描かれる。じっくりと。
第二章からは野望の土台を構築するために、遂に冒険者となり、家を出る。この二章では文章中に年月日が表れ、なんと日単位で進行したりする。

主人公は、かなりクレバーな性格をしており、冷徹ともいえる思考をする。情をかけることはあるものの、間違いなく、「お人好し」な類な人間ではない。その主人公の思考は、神視点である読者に対して、あますことなく、さらけ出され、読めるようになっている。だから「アカン、受け付けない主人公だわ」と感じたら、読み進められないだろう。

魅力はなんだろう。

お話に笑いが多分に含まれているわけでも、熱い戦闘描写が盛り沢山というわけでもない。
あらすじの注意書きの「非常に長くなる予定です」とあるとおり、めちゃくちゃ長い。
それは丁寧に物語が進行しているようにとれるが、正直自分としても、目が滑ったことが多々あった。
また、基本ご都合主義ではないが、赤ん坊の頃から精力的に動く主人公が、家族達に恐れらないのは、ちょっと不気味すぎるなぁと感じた。

と、批判点はいくつか思いつく。

しかし、二章から次第に明かされていく世界観と登場人物の設定は緻密に練られているようで、不思議と先の展開が気になってしまい、投稿分を読みきってしまった。ひたすら平坦に進むわけではなく、要所要所では盛り上がるところがあったから、自分としては熱中して読めたんだろうなぁと思う。

そんなわけで、異世界転生ものが好き、チーレム嫌いかつ、大長編を苦にしない人に試しに読んでみてはどうかと、控えめに薦めてみたい。

■関連:
『星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる』 約束されたご都合主義で、進む物語。
『神様のいない、この汚れた世界で』酷い悲劇ではあるが、読んでもらいたい。
『機巧アリスに口付けを』が書籍化決定してた。あとブログが晒されてた。
『ユニエの森の物語』一人ひとりが家族のために成長する話。

俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付 俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付
PlayStation Vita

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2014-07-17
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。