Powered By 画RSS

『ユニエの森の物語』一人ひとりが家族のために成長する話。

小説を読もう 『ユニエの森の物語』 の感想を書いてみる


前記事の火刑戦記は、面白かったけど、なんだか神経が殺伐としちゃったなぁと思った方々。


         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   | そんなささくれ立った心に、なろう産の
      \      ` ⌒ ´  ,/   「あべこべ小説」をオススメし
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (○)(○) |
. |  (__人__) .i,r-v'ヽ、ノ ̄ ̄ ̄\
  |   ` ⌒´ r‐く   ヽ'\ノ  ヽ、_ .\
.  ヽ    .ノ   \ \.))))  .(( ◎))゚o
   ヽ  イ   \  ヽ い)__人__)'   |
   /  .|  \_  Y  )ノノ ノ .ノ .   /
   |  ,ゝ、 マ_ノー彡'´  `⌒´   <
    | ..  .'rー=≦'"
.

【小説を読もう】
ユニエの森の物語

いや!心温まるこの物語をオススメしようと思う。


村はずれの森にある教会に住む、戦災孤児が家族のために一人ひとりが成長する姿を描く小説。
軸となるのは、一家の大黒柱とあらすじの「出て行ってもらう」と言われた女の子だが、他4人の家族の頑張りにも焦点があてられる。彼らには、たしかな絆が感じられて、応援をしたくなる気持ちにさせられるね。

山あり谷なしの穏やかな物語のように思えてしまうだろうが、やっかみを発端としたハラハラする展開や、クスリとさせられるところもあって、バランスが良い。さらにタグの「恋愛」があるとおり、砂をはきたくなるお話もあって、色ボケ描写は・・・なかなか破壊力がありますわ!あふれ出る思いってこういうのを言うんだろうなぁ!

しっかし、男の方は、もっと狼狽しやがれチクショウめ・・・。

それとタグといえば、別にバトルものでもないのに付けられている「主人公最強」タグの存在にもクスリときた。
たしかに長兄のシャーロは、まさに「有能」を体現したような存在だけどもw
納得できる部分はあるけど、その優れたかしこさには、個人的には「最強」というよりは、「無敵」という言葉がマッチしてるような気がする。

コメディでも、バトルものでも恋愛一辺倒な小説でもない、明確なカテゴリ付けはできない珍しい小説だった。
あまり、こういう設定の小説は読んでこなかった気がするが、十分に面白かった。
難点についても考えてみたけど、特に思いつきませぬ。

この物語が、どんな形で完結を迎えるのか、楽しみだ。
ちらりと文中に出る「戦争」というキーワードに先の展開に怖さを覚えるが、鬱展開に進むことはないだろう。
願わくば家族みんなが幸せになった姿を読みたいもんだ。

■関連:
『VRMMOをカネの力で無双する』こんなノリノリなロールプレイしてみたい。
『天と地と狭間の世界 イェラティアム』滅びを迎える世界で、少年は翔け抜ける。
読んでみたら素敵な恋物語だったよ。『静かの海』
『きつねよめ』 異種婚姻を馴染みのない時代で描かれる話

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 2 (MFブックス) 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 2 (MFブックス)
理不尽な孫の手,シロタカ

KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 4987

Amazonで詳しく見る by AZlink

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク