Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天と地と狭間の世界 イェラティアム』滅びを迎える世界で、少年は翔け抜ける。

小説を読もう 『天と地と狭間の世界 イェラティアム』 の感想を書いてみる


【小説を読もう】
天と地と狭間の世界 イェラティアム


オリジナルファンタジー。
3つの世界。神に与えられた7つの浮遊大陸。
人々の安寧が、2千年のときをえて、避けられない終わりのときを迎える。
この世界観の設定と仕組みが、独創的で良い。

主人公は、作中で登場する力「アウラ」が使えない落ちこぼれの少年。
読んでいて、言動がぶっきらぼうで、不器用で未熟な面を多々感じ、イラッとすることがあったのは否定しない。
ただそういうところが物語が進むことにより、成長が感じられ、人間味をうまく描写されていると思った。
そんな主人公は、序章タイトルのとおり、「覚醒」のときを迎えるが、その起伏のある過程からの「解放」には心躍らされた。

登場人物たちが使う力は、前述のとおり「アウラ」を用いたものだが、戦法がほぼ同じように思え、戦闘描写に変化が乏しそうだなぁと考えていた。しかし、ふたを開けてみれば、退屈に感じた戦闘描写などはなかった。
作者の『熱い戦闘モノを目指して書いております』という言葉どおり、空を翔る躍動感のある戦いを描いてくれていて、この小説の大きな売りになっている。

あと投稿分を全部読み終わったあとで気づいたけど、人によっては忌避する「ハーレム」タグついてます。
あれ?妙に女の子に慕われているなチクショウめと思っていたから、まさかだった。
しかし、これは自分にとっては朗報。だって、メインヒロインっぽい姫様より護衛の騎士の方がグッとくるんだもんよ。
ニセコイのつぐみに似た可愛らしさを感じますわ。

tuguxx0132 

主人公は妙に落ち着いているから、もう少し本能を剥き出しにしてくれてもいいんだが。 一条楽はもげろ。

読んでいて、勿体ないなぁと思ったのは、せっかく魅力ある世界観なのに、そこに住まう人々の生活が全然描かれていないところかな。タイムリミットが迫る世界観なので、切羽詰った戦いが中心になるのは仕方ないんだけど、滅び行くからこそ、人々の悲哀も描いてほしかった。そういう意味では、覚醒する主人公の「帯剣の騎士」としての日々も、もっと文字数を割いても良かったかもしれない。
それと、男キャラの少なさが目についた。ハーレムタグ付きだから、女性キャラが多くなるのは仕方ないのかもしれないが。

しかし、総じて良いところが、悪いところを大きく上回っている小説だと思う。

更新速度は遅めなようで、続きはなかなか読めないようだけど、お気に入りに登録して、待つことにした。
爽快感あるバトルモノが好きな方に是非オススメしたい。
ちなみにこの小説は、この記事のコメントで紹介いただきました。ありがとうございました。

■関連:
『ロスト=ストーリーは斯く綴れり』 陰鬱な空気を抜けた先から面白くなる
バトル熱い。人間模様はどうなるか気になる。『心の中の“こころ”』
『僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)』ライトSF。個性的なキャラと艦隊戦が魅力。
『俺の彼女が可愛すぎてときめきが止まらない』頭がビックリした。
あぁラブコメですね 『I'll have Sherbet!』

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア  予約特典コード 付 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 予約特典コード 付
PlayStation 4

スクウェア・エニックス 2014-04-14
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。