Powered By 画RSS

卵とマヨネーズで作る食パンレシピ。時間がかかるが、洗いものなし。

卵とマヨネーズで作る食パンレシピ。時間がかかるが、洗いものなし。


なんとなく、また食パンレシピについて書きたくなったので、ぼちぼち書いてみる。

  関連:【朝食】ネットで拾った食パンレシピを試してみたら、やはりうまかった。

Twitterで、食パンにマヨネーズで土手を作って、その上に卵を落として、焼くっていうレシピを見たんですよ。
正直、その発想はなかったといわざるをえない。
あとになって知ったことだが、「目玉焼きトースト」って言うらしい。

ti001

作ってみると、これはお手軽にうまい。
フライパンとか、調理器具を使わずに食パンと一緒に卵を食べられるのは良い。

0915capIMG_0589

でも、朝の鈍い頭でつくっては駄目だった(戒め
初めて作ったとき、マヨネーズの土手は、星型ではなくて、細い出口で作ったんだけど、これに高さが足りなくて、あっけなく決壊。卵が食パンからOUTして、トースターの網の上に・・・。

細かい網目だったから、そのまま、ぬるりと下に落ちることなく、目玉焼きになったんだけど、網が盛大に汚れた。
平日の朝から、↓こんなAAの心境で網を洗うことに。



        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
       /: : :             \
     /: : : :             \
   /: : : : : :               \
  / : : : : : : : ___ノ'′   ゙ヽ、___     \
  l  : : : : : :.; '⌒`       ´⌒ヽ     l
  |   : : .::;;(。o〇 )     ( 〇o。);;::   |
  l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l
  \ : : : : : : 。;゚(    j    ) ; 。+/
   \: : : : : : ::`┬‐'´`ー┬′ +  /
   /ヽ: : : : : : : |/⌒⌒、|    イ\
   : : : : : : :゚: : : ゚´ ̄~:j ̄`  ;     \
   : : : : . : : . : : ;  '"``    +    \
 : : . : . : . : . : .         °
 : . : : . : .       +

何回か作ってみた感じ、細い出口で土手を作る場合は、2回分ぬってあげて、高さを作ったほうがいい。
そうすると割りと安定する。トースターに置くとき、傾けたら一巻の終わりだが。
星型で土手をつくるほど、マヨネーズを食したくはない方は、慎重に作るべし。

レシピには、朝に最適って書いてあるけど、自分的には昼のレシピに感じる。
たしかにおいしいけど、卵がある程度固まるまで時間かかるし、熱っつ熱つになるから、早く食べるには向かない。
卵を常温に戻してから作ると、卵が固まりやすくなって、時短にはなるけどね。

でも朝はそんな余裕ないしなぁ。

あ、これも 『誰かに作ってもらう』  のがいいのか(震え声)

1005capIMG_0762

アレンジとしては、とろけるチーズを使ってあげると、さらに満足感が増して、おいしくなる。
途中で、黄身を割ってあげると、まざりあう感じがたまらない。

このレシピを知る前は、フライパンで目玉焼きとか、スクランブルエッグにしていたけど、面倒なときはコイツを作るようになってしまったね。

TWINBIRD ミラーガラスオーブントースター パールブラック TS-D017PB TWINBIRD ミラーガラスオーブントースター パールブラック TS-D017PB


ツインバード
売り上げランキング : 275

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク