Powered By 画RSS

ゲート 外伝2巻(黒神の大祭典編) 読んだ。ロゥリィ盛り沢山の外伝。

『ゲート  自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編』 読み終わったので感想を。

 

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編 ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編
柳内 たくみ

アルファポリス
売り上げランキング : 373

Amazonで詳しく見る by AZlink

ゲート外伝2巻が気づいたら、発売していたので、購入。
富田とボーゼスのお祝い行事の軸としつつ、『ロゥリィ・マーキュリー』というキャラに焦点をあてたお話。
本編では触れなかった亜神である彼女の過去が描かれる。
本編でも濃いキャラだったロゥリィが、今回過去と現在が入り混じって語られたせいか、さらに厚くなったなぁ。

なんというか、作者の 『本編終わったし、俺は好きに書くぜ!』 という心意気を感じるね。
外伝は、構想として前からあったんだろうけど、本編に入れたらテンポが悪くなっただろうから、こういう形で送り出されてるんだろうね。

自衛隊が大活躍する話でなかったが、ゲート特有のドタバタコメディな展開は、相変わらずで、笑えて面白い。
終盤の『棒倒し』なんて、無理やり自衛隊要素を組み合わせたように取れるが、これぞゲートだよな と納得してしまう。この独特な雰囲気がいいよなぁ。

最後は、次巻のエピソードは、テュカ回か!と思わせる引きで終幕。
恵まれた設定を持ちながら、2巻以降では、いまいちヒロインっぷりを発揮できなかったテュカ回なんですね。
これは楽しみですわ。

しかし、この作者さん、外伝でさらにキャラに、厚みを持たせようとしてるよ。
この様子だと、レレイにも、もう一回焦点があてられそうだし、外伝は最低でもあと2回続くんじゃないかな。
もうね。ここまで描かれるなら、主人公組の関係がきっちり清算されることに期待してしまうよ。

主人公イタミの外堀をしっかり埋めて、何かしらの決断をしてほしいね。

■関連
ゲート 外伝(南海漂流編) 読んだ。あれ、これ続刊出るっぽい?
『ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり』良いエンタメ小説だった
この異世界自衛隊小説もいいね。『ルーントルーパーズ』

以下、小説内のネタばれなので、分割。


-----

実は今巻を読むまで、『棒倒し』 について知らなかった。
もちろん動画を探して見てみましたとも!

Wikipedia 棒倒し
>参加者は所属する大隊の名誉をかけ、まさに死ぬ気で戦う。毎年参加者に死者が出ないのが不思議といわれるほど激しく戦う。


いや、ホントよく死者がでないよな(白目)
.
■動画

ゲシゲシ蹴りすぎww

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク