Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物専門店「PROTOLEAF(プロトリーフ)」に足を運んでみた。

植物専門店「PROTOLEAF(プロトリーフ)」に足を運んでみた。


ガジュマル・ポトスの世話をする傍ら、観葉植物でパキラが増えたから、多肉植物も新しいのが無性にほしくなってきた。それで、前に買った通販サイトを覗いてたんだけど、今度は、せっかくだから実物みながら決めることにした。
都内でも、結構お店の選択肢があったが、今回は「PROTOLEAF(プロトリーフ)」ってところに行ってみた。

pl08IMG_0345
pl08IMG_0356

プロトリーフの直営店は、二子玉川駅の近くにある。
なんだろう。花屋って感じのお店には行ったことあるけど、こう・・・植物専門店って雰囲気のところは初めてだ。

pl08IMG_0347pl08IMG_0348
pl08IMG_0365 

お目当ての多肉植物は、外に直線で一区画もうけられてあった。
左の写真がその区画に入ったところ、真っ直ぐ言って、終わりまでが多肉植物エリア。
小さいのから、大きいのまでけっこう置いてある。

pl08IMG_0354pl08IMG_0353

店内には大きな植物が。買って即座に飾っておけるような存在感がある植物。
あと、ホームセンターではこじんまりとしているハイドロカルチャーのエリアが、広々と当然のようにあった。
見ていると、ちょっと「ポトス・ライム」が欲しくなったが我慢。

pl08IMG_0355pl08IMG_0358

オサレな鉢も様々な種類が置かれていた。
んー置いてある多肉植物も使い捨ての鉢じゃなくて、こういう鉢と抱き合わせで売ってくれたほうが面倒じゃないと思うんだけど。面倒くさがりの自分としては、そのほうが購買意欲が沸くよ。

pl08IMG_0359pl08IMG_0364

エスカレータで階をのぼると、花とか野菜とかの園芸エリアになる。広い広い。
外にはお花も置いてあるけど、歩いて見てみるとカフェが併設していて、休憩スペースもあった。
オサレっすな。

休日に足を運んだわけだけど、老若男女って感じの客層で、けっこうお客さんの入りが良い。
ガーデンアイランドには、たくさん店あるし、そっちを目的で来た人がついでに足を運んでるのかね。
まぁ全体的にオサレな店内だから、一度は見たくなる魅力はあると思う。

で。主目的の多肉植物。

惹かれるものはあったけど、でもなーでもなーと悩みに悩んで、結局買わなかった。 なんというひやかし客。
上に書いたとおり、使い捨ての鉢から植え替えるのが面倒かもと思ったのと、大小様々な植物が置いてあったけど、小さい観葉植物ってだけの括りなら、決して選択肢が多くなかったってのが 理由かなー。

とはいえ、足を運んでみた価値はあったかなぁ。
ちょくちょく通ることもできるし、綺麗な鉢とかが欲しくなったら、ホームセンターよりここのほうが良さそうだ。
ハイドロカルチャー系の器具(?)も充実していたのも○。

今回見つけられなかった新しい多肉植物は、地道に探してみるさ。

■関連
【2013年真夏】ポトス・ガジュマル めちゃ元気|新顔「パキラ」追加
【2013年初夏】ポトス・ガジュマル むし熱くなる前に整った模様
【2013年春】ポトス・ガジュマル やっと暖かくなってきた結果
ポトス・ガジュマル・多肉植物 春をむかえた状態
【観葉植物】精霊が宿る樹。ガジュマルの育て方まとめ
【観葉植物】初心者におすすめ!ポトスの育て方まとめ
癒しを求めて、観葉植物でハイドロカルチャーを自作した
突然だが、多肉生活をはじめました

育てるたまごサボテン(S) EG-07 育てるたまごサボテン(S) EG-07


myoshina
売り上げランキング : 9531

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。