Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブルージャスティスここにあり!』 基本コメディなノリの兼業ヒーローモノ。

小説を読もう 『ブルージャスティスここにあり!』 の感想を書いてみる


【小説を読もう】
ブルージャスティスここにあり!

ファンタジー現代を舞台としたヒーローモノ。
着るだけで誰でも強くなる「スーツ」を纏ったヒーロー・ヒールが織り成すバトルコメディ?
主人公は、ヒーロー派遣会社と悪の組織の両方に所属しながら・・・つまり2足のわらじで日々戦っていく。

こういうのでいいんだよ。こういうので。こういう設定の小説が読みたかった。

コメディが中心のノリで、笑って楽しめるが、スパイスのようなシリアス部分も熱い。
物語は、悪の組織の使い走り と 派遣ヒーローとしての仕事 の両視点をいったりきたりする。
まぁどっちもろくなもんじゃないのは、たしか。

主人公は、兼業ヒーローなんてやるコウモリ野郎で、口調も汚いチンピラみたいな人物だが、主役としては嫌いになれない。それは環境の悪さや他にももれなく畜生キャラがいるからだろうか。
読んでいて、爽快感よりやきもきする部分が多々あるが、コメディだからか一定のテンション・面白さを維持してる。
それだからか、長編だけど、飽きずに読み進められたかなぁ。

今現在物語がシリアス全開にしてクライマックスへ進み始めた。

物語の設定的にこういう流れになるよなぁと思いつつも、期待を裏切らない熱い展開になってきた。
  (もちろん、きっかけとなったスーツを着ている人物の正体は予想できてなかったが)
戦いに関しては、やきもきされただけに、凄まじいカタルシスが味わえるのではないかとかなり期待している。

全体をとおして、イラッと来る部分は少なからずあったが、自分はこの作風は好き。
人を選ぶ小説かもしれんが、面白い小説だと思う。

ちなみにこの作者さんは、以前感想を書いた「そこにカイロスはいるか?」を書いた人でもある。
微妙にキャラの個性とか、口調が似ているのは意識してやってんのかね。

-----

ところで!ところでさ!

もし読んだら、この小説のあるキャラの性別について、意見を聞きたい。
こんな嫁っぽく描くなら、もう女の子でいいじゃん!女の子でいいだろ!と強く思ったのは自分だけなのか。
どのキャラのことを言ってるのは、読めば絶対分かるし、何かしら感じるはずなんだよ。
作者さんは、読者に男の娘という属性に目覚めさせたいんだろうか。

■関連:
【再選】『小説を読もう!』のオススメを10作品選んでみた
NAVERまとめ ネット小説から書籍化された作者・作品まとめ
『エステルドバロニア』 RTSの魔物国家がまるごと異世界に転移した話
『そこにカイロスはいるか?』緩い空気のループもの。謎の感動があった。
『しにこん~死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい~』 新感覚コメディ
『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』 亀進行。シュールな笑いが好き。

『ネバーランド・ミュージカ』 小気味よく奏でられる音楽物語

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- (初回限定版) [Blu-ray] 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- (初回限定版) [Blu-ray]
平田広明,森田成一,米たにヨシトモ

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 2943

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

タイトル - お名前 - 2014年04月25日 04:16:39

レンきゅんは男だからいいんだろ!なにいってんだ!

Re: タイトル - ベタログ - 2014年04月26日 22:22:40

コメントありがとうございます。
しかし、あなたとは相容れそうにない!

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。