Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ネバーランド・ミュージカ』 小気味よく奏でられる音楽物語

小説を読もう 『ネバーランド・ミュージカ』 の感想を書いてみる


【小説を読もう】
ネバーランド・ミュージカ

この作者さん・・・「流星少女」もそうだけど、「小説家になろう」でも書いていたんだな・・・。

---

現代で音楽をテーマにした青春小説。
「天使の歌声」を持つ主人公が、音楽学校の関係者にスカウトされて学校に転入するところから物語が始まる。
その類まれな「声」をきっかけに主人公は様々な人たちと交流を深めていく。

そこには、コミュニケーション能力に難ありのピアニスト(美少女)や、天才肌の強気ヴァイオリニスト(美少女)が登場する。そういうところは、「あ、なんか有りがちだな」と思った。
また、描かれる話も才能の良し悪しの苦悩とか、予想できる範囲に収まっている部分はある。

でも舞台で演奏しているときの描写が、情景を巧みに想像させられて、音楽にピンとこない自分でも心動かされた。
また、専門的な話もある程度でてくるが、登場人物たちの掛け合いが軽快で、退屈に感じず、興味ぶかく読める。
なんというか全体を通して、小気味良さがあるんだよなぁ。

その要因として、この作者さんでは珍しい主人公の明るい性格と軽快な語り口にあるのかも。
すごくこの物語にフィットしていて、かなり好感がもてる主人公だった。
ちょっとチートすぎんよ とは思うがw

難点は、タグ「ラブコメ(白字)」を期待して読むと、その要素が薄いと感じるところか?
かくいう自分も、あれ?なかなかそういう雰囲気にならないなと思いつつ、読み進めてた。
そうしていたら完結しちまったでござる。 い、いいんだけどね!面白かったから!


このテーマの創作物を読むのは、この小説がはじめてかもしれない。(のだめ とか読んだことない)
興味が薄い分野でも面白さは読んでみるまでわからんね。エクストリームアイロン青春もの だって、名作だったし。
暑い季節で、しんどい時期だからこそ、読了感が爽やかなこの小説を読んでみてはどうだろう。


            ,----、
          /:  l  /  ~♪
         /::::::::  | (__
    ♪  /:::::::::::::::: |.   ,)   ♪
      /:::∧∧ ̄´l__| __ノ__
    .´j'j ̄(   ) ̄ ̄´j-j. ̄| |
    f'f===/  `⊃===f f___|┘
     ̄| ̄@ 〈川´フ ̄ヽ, / /
      |.|三三三ll.|./   l.| ||
      Il /|\Hn 」   I| .''

---

この作者さんは、手広い分野で書いている。気になる人は作者名で検索してみよう(提案)

■関連:
【再選】『小説を読もう!』のオススメを10作品選んでみた
NAVERまとめ ネット小説から書籍化された作者・作品まとめ
『エステルドバロニア』 RTSの魔物国家がまるごと異世界に転移した話
『そこにカイロスはいるか?』緩い空気のループもの。謎の感動があった。
『しにこん~死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい~』 新感覚コメディ
『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』 亀進行。シュールな笑いが好き。


アイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 ニュージェネレーションVer. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) アイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 ニュージェネレーションVer. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)


グッドスマイルカンパニー 2014-01-31
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。