Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3巻』読んだので感想を|ミノタウロスとの決死の再戦

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3巻』を買ってきた
.
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)
大森 藤ノ,ヤスダスズヒト

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 4084

Amazonで詳しく見る by AZlink

発売日を忘れてて、慌てて購入。
近くの本屋はちょくちょく覗いてたけど、GA文庫はアニメ化した作品しか置いてなくて、気づかなかった。

ネタバレが含まれてるし、以下分割。




第3巻。ついに因縁の相手ミノタウロスとの決死の再戦。
ぶっちゃけるとこの小説だと、3巻でプロローグが終わるともいえる。
心躍らせた戦いの描写は、あいかわらず健在でよかった。

が・・・一度読んでしまった物語ということを差し引いても、そこまで感情が昂らなかったのが残念。

それというのも今回の改変・加筆部分がどうもいまいちに感じられたから。

2巻終わりで、ベルのプロテクターを拾ったところが、大きく改変に関わってくるとは思わなかった。
プロテクターの件から、修行相手がリューからアイズになったことで、アイズとベルとの触れ合いが大幅に増えてしまった。それでベルはアイズの身近(?)な一面を知ることになってしまったんだけど・・・。

読んでるときは、「おーヒロインの出番増えたんか。いいじゃん」って思っていたが、あの場面での邂逅が、盛り上がり度が下がってしまったように感じられた。
やっぱり最後でアイズが名前を呟いたところで、はっきりとベルという存在が目に映るべきだったのかなぁと。

そして、なにより拒絶する台詞の改変。ここも頂けない。
生の感情がそのまま激烈に吐き出されたと印象を受けた台詞が、文字数が微増しして「分かりやすい」台詞になってしまった。

場面場面をきりとると、面白かった。
でもミノタウロスの死闘に向かう一連の流れは、Web版のほうが好きだったかなぁ。
ついでにいえば、カラー挿絵か表紙のどちらかは、ベルとミノタウロスの闘いの絵がほしかった・・・。


まぁ前述したとおり、プロローグもこれで終わり。一応Web版でも残っている部分はあるけど、それも僅か。
ようやく完全新規の「つづき」が読めるのかぁと感慨深い。
Web版でも思っていたけど、ヒロインのアイズが強すぎて高嶺の花すぎるんだよね。書籍版は、関わりがすこし深くなったはいえ、「強さ」に関してはまったく届かないところは同じ。

アイズと並び立ちたいと考えるベルをこれからどうやって成長させるのか。未知の展開が非常に楽しみだ。

■関連:
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2巻』読んだので感想を
ぼけっとしてたら、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の情報がでてた
フタをあけてみたら熱い王道モノだった・・・ | 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
満を持して発売された『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』を買ってきた。
凄絶さが郡を抜いてやばい 『略 妹様へ』
忍耐と清い期待と共に一気読みした。『デビルバスター日記』
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。