Powered By 画RSS

テリーのワンダーランド3DS 総合的には良リメイクといえよう。しかし。

テリーのワンダーランド3DS 買ったので感想を。

.
teri3d 
(メタルスライムはスクエニショップで衝動買いした)

最近何やってたかというと、リメイクされた『テリーのワンダーランド3DS』をハード買いしてやってました。
追加要素の裏ボスも倒し、一通りクリアしたので感想を書いてみる。


■良かったところ

まずは手放しで褒めよう。

1)あの名作が帰ってきたという感じはしっかりした

プレイしていてあの思い出のゲームを今やってるんだなぁとしみじみ思った。
雰囲気・音楽・多彩なモンスター達。やはりワクワクさせられた。

2)スキルシステム

ジョーカーシリーズのスキルシステムは、モンスターに設定する構成がある程度制限されて面白い。
強力なスキルには、行動阻害とかのデメリット効果のあるスキルが一緒になって習得されるとかよく考えられてるなと思った。
ただ勇者的なスキル「ゆうき」に「強者の余裕」があるのは違和感を感じたが。なんという駄目勇者。

3)育成が大幅に楽になった

モンスターの育成が楽になって、ストレスが感じにくいようになってる。
旧作にあった「性格」もなくなって、細かい命令をださなくていいようになってる。
スキルポイントも牧場で育ったモンスターも取得できる。
技の取得も前述のスキルシステムで決まるため、覚えさせときたい技が消滅する心配もない。
旧作にあった「はぐれメタル」を狩ることによるレベル上げも、効率が良い方法が用意されている。


■賛否両論

1)スカウトシステム

旧作よりモンスターを仲間にできやすくなった。これは良い。
テンポが悪いという人もいるが、自分はそこまで気にならない。
でも悪いところにも書くが、ゲームバランスを崩壊させる要因になっていないだろうか。

2)便利すぎる配慮

まずルーラの存在。
これは旅の扉からの帰還や決まったところに一瞬で移動するために使うシステムなんだが、これが緊張感と探索する楽しみを奪ってる。
いくらピンチになろうが一瞬で戻れて再挑戦。
広いマップがあっても、ルーラでしか移動しない。

すごく便利・・・便利なんだけど、ここまでするか・・・と思った。
でもないならないで、「不便だっ!」って叫ばれる可能性が高いと思うから、一概には悪といえない。

敵モンスターに接触して戦闘に突入するシンボルエンカウントも同じ感じ。
戦いたくないときは、ひたすら無視して進んでいけるけど、すごくEasyになる。
しかし、これも普通のエンカウント方式なら、戦闘ばかりでストレスが貯まっていただろう。

全体的にストレスレスになるような配慮を感じる。

今のゲームは昔のゲームと違って糞!というつもりはまったくない。
だけど、不便を不便と感じなかったあの頃は、開発者とプレイヤーが一番良好な関係だったんじゃないだろうか。

3)なんかめっちゃモンスター増えとる

知らないモンスター盛りだくさん。ボリュームがすごい。
でも、これ本当にドラクエのモンスター?と思うデザインもちらほらいる。
発売前に話題になったスラ忍も「スライム系である」ということを除けば、まぁいいんじゃないだろうか。


■悪かったところ

1)戦闘のテンポ

プレイして最初に感じた悪いところ。
戦闘でモンスターがよく動いてすごいと思ったが、まったく省略できないため、テンポ悪い。
3DSを片手で操作できるため、そこまで劣悪ではないが、もっと改良の余地があったと思う。

2)ゲームバランスを崩す他国マスターの存在


旧作ではフィールド上に他国マスターがいて、肉を大量に使うことで珍しいモンスターを仲間にすることができた。
これは今作でも健在である。
しかし、このモンスターがやばい。

平気で物語終盤で出てくるような禍々しいモンスターをくりだしてくる。他国の一マスターがだ。(一例)
まともに戦えば即全滅。勝てるわけがない。
だが、スカウトシステムでスカウトに成功すれば問答無用で勝利できるようになってる。
肉システムのときは、戦って勝利する必要があった。

勿論成功率は低いが、0%ではないし、肉をつかってモンスターを犠牲にしながら戦えば20%くらいまで確率をあげられる。事前にセーブすれば何度でもトライできるため、モンスターハンターでレア素材を求め、ひたすら挑戦する世代にとってはEasyすぎるだろう。

このため、序盤から途方もない強さをもつモンスターを仲間にできる。
配合していないから結局弱い?
たしかに仲間にした時点でお約束的に弱体化はする。
だが、「てんせいのつえ」という配合アイテムを使うことによって元の姿そのままに強化ができてしまう。

なんでスライムナイトがでるような序盤で、魔王が仲間になるの?
どうしてこんな序盤にSSランクのモンスターが仲間になるんだ。
なぜ他国マスターがドラクエ5の怨敵『ゲマ』を繰り出してくるのさ・・・。

もっというなら、ストーリー上で戦うどのマスターよりも他国マスターのが強いっておかしいだろっ!(モンスターじいさんでさえ)

完全にゲームバランスを崩壊させていると思った。
他国モンスターからモンスターを仲間にできるのは良い。旧作では欠かせない要素だと思う。
だが、スカウトに成功した時点で勝利するというシステムなら、モンスターの構成はもっと考慮できたんではないか?

ストーリー上にでてくる『すごい人』がとてつもなく寒い存在になってしまっている。
あとこのせいかは分からないが、すれ違い通信で会う人会う人のパーティが、発売したばかりでもクライマックスだった。

子供時代のように時間が使えない今、強力なモンスターをあまり労力をかけずに仲間にできるのはたしかに嬉しい。
それでもだ。
このゲームをやっていて、一番ワクワクして楽しかったのは『おおきづち』を特殊配合して作ったドラクエ5の中盤の相棒『ブラウニー』がパーティに加わったところだった。

自発的に縛りプレイをやらない自分にとっては、ここだけは本当にいただけないと思った。



感想を書いてみたら、悪いところでかなり筆が乗った。
でも、やはり総合的に判断するなら、このゲームは良リメイク・・・だと思う。
結局このゲームの良いところ(1)の比重が大きいんだ。

決して思い出をぶち壊すようになってはいない。
便利すぎる配慮も他国マスターのモンスターもネット全盛の時代を意識した作りなんだろう。
不便で叩かれるよりは良い。高ランク配合なんてネットで調べればすぐ分かる。なら仲間にできる仕組みにする。

ハードまで買ったこのゲーム。とても楽しめたし、クリアした現在もまだやっている。
だが、時代に即したものじゃないと見向きもされないということに少し感傷を覚えた。
.

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D
Nintendo 3DS

スクウェア・エニックス
売り上げランキング : 40

Amazonで詳しく見る by AZlink

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク