スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森見登美彦『恋文の技術』読んだ。この雰囲気が好き。

森見登美彦 『恋文の技術』 読み終わったので感想を。

.

恋文の技術 (ポプラ文庫) 恋文の技術 (ポプラ文庫)
森見 登美彦

ポプラ社
売り上げランキング : 10416

Amazonで詳しく見る by AZlink

一筆啓上。文通万歳!――人生の荒海に漕ぎ出す勇気をもてず、波打ち際で右往左往する大学院生・守田一郎。教授の差し金で、京都の大学から能登半島の海辺にある実験所に飛ばされた守田は、「文通武者修行」と称して、京都にいる仲間や先輩、妹たちに次から次へと手紙を書きまくる。手紙のなかで、恋の相談に乗り、喧嘩をし、説教を垂れる日々。しかし、いちばん手紙を書きたい相手にはなかなか書けずにいるのだった。
青春の可笑しくてほろ苦い屈託満載の、新・書簡体小説。


久しぶりの森見登美彦 氏の小説。
相変わらずの文章で、嫌味のないさわやかな笑いを提供してくれた。

ほぼ主人公の手紙の中身だけで物語は進んでいくけど、話によって時系列が前後したり、書き手が変わる。
だから、同じような話を読まされてしまうんだけど、飽きさせない作りは魅力だよなぁ。
くどくは感じはしたけどもw   いやくどい小説だからこそ、森見登美彦 氏の小説なのかもしれない。

四畳半神話大系もくどくはあったが、雰囲気が大好きだった。
その雰囲気に似た『恋文の技術』も気に入った。

小説に作者本人が登場するとか、そういうノリって嫌いなんだけど、面白かったからいいかな。
またこんな雰囲気の新作を読みたいもんだね。
.

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。