Powered By 画RSS

ビブリア古書堂の事件手帖 2 読んだので感想

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 読んだので感想


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延

なんかすごい。普通に書店の特設コーナーに1巻と共に平積みされてた。

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る


読んだので感想を。


古書ミステリー第2弾。
1巻で栞子さんが退院したから、語り部大輔さんとの掛け合いが増えてていいね。
なんかホッとする雰囲気が全編にわたってある。

1) 栞子さんの巨乳押し
  序盤の栞子さんの無自覚な攻勢と大輔さんの狼狽っぷりは電撃文庫のノリだなと思ったw
  書かずにはいられなかったのか・・・書くべきという編集の判断なのか・・・。
  おそらく前者だ。

2)過去にまつわるエピソードが中心
  今巻は全てのエピソードで登場人物の過去が関連してた。
  その中でも第2話のエピソードは良かった。
  冒頭の伏線の意味と最後のやりとりは (  ;∀;)イイハナシダナー と言わざるを得ない。
  暖かい心の交流にグッときたよ!

3)良いのかい?そんなこと言っちゃって
  いいのかな栞子さん・・・大輔さんにあんなこと言って。
  今作に出てくるバージェスの言葉を真似ると
  『わたしたちは言ったことを忘れることができる。しかし、言わなかったことにはできない』
  ということになるんだがwww  次巻で栞子さんの宣言がどう料理されるのか色々な意味で楽しみww

4)ミステリー成分は控えめ?
  今巻も面白かったが、日常会話とかに比重が高い気がする。
  書にまつわる薀蓄とかは勿論感心して読んだが、1巻に比べるとミステリー成分は控えめに感じた。
  メディアワークス文庫は文字大きい上、たった3話だったからだろうか。
  コレは次巻にもちこした母親のエピソードに期待したい。

次巻への明確な引きを残した今巻。
ミステリーだけではなく、人間関係も深みがでてきたから、そっちも楽しみだ。
変わらず期待させてもらう。

3巻も三上さんのいつもの早い刊行ペースで出してくれるかな?
このシリーズは下調べが必須っぽいから無理かも。


■関連:三上延 自著を語る
zityo 
拾ったので貼っとく。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

■スポンサードリンク
■プロフィール

ベタログ

管理人 : ベタログ (Twitterアカウント

思い立ったら、ジャンルを気にせず記事にする。それが自由というものだ。
そんな管理方針。
主に取り扱ってる事:オンラインゲーム(SDGO/Travian/ロードオブナイツ)、プログラミングメモ、ネット小説/書籍の感想/観葉植物など。

■まとめ記事
■カテゴリ
■最新記事
■PICKUP

個人的に押しているモノ


魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園
■感想記事
これぞ青春エンタメ小説。熱いですよ!

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王
■感想記事
最強軍団が異世界を蹂躙するファンタジー。Web版も読めますが、凄まじい加筆がされているため、Web版読者も楽しめます。
■お勧め品
■最新コメント
■月別アーカイブ
検索フォーム
リンク